不動産の賃貸について

不動産賃貸物件について

賃貸不動産の会社契約

大手企業に良くある話ですが、転勤が決まっている社員に代わって総務担当者がその転勤予定者の住居を探すパターン。ある意味このパターンは不動産業者にとっては、ありがたいパターンとなるケースが多いです。といいますのも、総務担当者は自分が住むわけではないので、転勤予定者の最低限の希望条件を満たした物件を探せば仕事としては完了であり、細かい条件などはあまりこだわらずに決めてくれるからです。不動産業者にとっては、細かい条件をこだわられて何件も何件も案内した挙句に別の業者で決められたというパターンが最悪のケースなので、総務担当者が契約まで行なうケースは時間的にも労力的にもありがたいお客様になる可能性が高いです。

定期メンテナンスの重要性

持ち家を貸家として不動産賃貸経営する場合は、定期メンテナンスが重要です。特にトタン屋根の一戸建て住宅の場合には、定期的に屋根診断を行い、適切な時期に塗装リフォームを行うのが理想的です。そうでないと、雨漏り被害が発生してしまうこともあるからです。雨漏り被害が発生してしまうと、資産価値が下がってしまうことがあります。雨漏りが発見された時点で、家賃が下げられてしまうこともあります。不動産投資活用で効果的に収益をあげ続けるためには、入居者や管理会社が家賃の値下げ交渉の材料にしやすい雨漏り被害を、未然に防ぐことが大切です。

不動産関係のお金情報