不動産の購入と経営

不動産を購入するなら

賃貸経営で不動産を有効活用

所有している不動産は、賃貸経営で有効活用しましょう。賃貸経営を始めることで、家賃収入が得られるようになります。所有しているだけの不動産は、税金面で優遇されません。賃貸経営していれば、相続するときに税金が優遇されます。評価額が変わってくるからです。なにもしないままで所有している場合と、賃貸経営して有効活用している場合とでは、相続の際の評価額が違います。賃貸経営しているほうが、相続税が安くなります。家賃収入で得をしている場合であっても、相続の際の評価額は、節税効果が得られることを覚えておきましょう。

不動産投資、収益物件の選び方

日本の平均寿命は世界随一で、定年退職後の第二の人生は短くありません。第二の人生を、年金と、貯蓄の取り崩しだけで生活するのは、不安が残ります。そこで、老後を豊かに暮らすため、毎月安定収入が見込める不動産投資が人気です。 不動産には、収益物件というものがあるわけではなく、自分で住めば居住用、賃貸経営をすれば収益用です。必要以上の装備や仕様を抑えて作られた物件は、投資には適した物件ということができます。、自分の終の棲家なら、快適性が第一ですが、収益物件の場合、投資効率も大切です。

収益不動産を大阪で選ぶならこちらがおすすめ。
信頼できる実績とサポートがちがいます。完成物件や販売物件情報もこちらのサイトからどうぞ。施工例もこちらで。

不動産関係のお金情報